子どもの話

近所の人見知りの男の子 バーベキューでほっこり。

投稿日:

 

「一緒にじゅうじゅうしたもんね」

私は20代で、旦那と2人暮らしです。専業主婦をしています。

現在、旦那の会社の社宅に居住しているのですが、その社宅には私夫婦のほかに3家族が住んでいます。どのご家庭にも2~4歳ほどのお子さんがいらっしゃって、全員で4人います。その子たちは普段から社宅の庭でお母さんたちとよく遊んでいるので、私も挨拶をしたりお母さんたちと立ち話をしたりして、仲良くさせていただいていました。

子供たちのうち3人は、私が挨拶をする前に近寄ってきて話しかけてくれるのですが、3歳の男の子だけは遠巻きにムスッとした顔で私のことをみているだけで、なかなか近寄ってきてくれませんでした。
その子のお母さんによると、男の子はどうやら人見知りをする子のようで、特に大人には近寄らないようでした。

私も人見知りなところがありますので、こんな小さいうちから人見知りってでてくるものなんだなぁと、どこか親近感みたいなものを感じていました。

そんな中、先日のGWに、社宅のみんなで庭でバーベキューをすることになりました。旦那は旦那の勤務先の人が座っているテーブル、私はお母さんたちのテーブルに座りました。すると私の隣に、例の人見知りの男の子が、その子のお母さんとともに座ることになったのです。その時は男の子はお母さんの膝から離れず、お母さんが男の子を膝から降ろして私の隣に座らせようものなら、必死にお母さんの膝に座りなおしていたので、私はそれを見てまたかわいいなぁと微笑ましく思っていました。

少しご飯を食べると、子供たちはすぐボールを使ったり自転車に乗ったりして遊び始めました。

子供たちのお母さんはやっとご飯を食べ始めた時だったので、私は子供たちにまざって一緒に遊ぶことにしました。子供たちと一緒にボールを蹴ったりしていると、例の人見知りの男の子も、私が害を与える人物ではないと理解してくれたようで(笑)、すぐに笑いながらボールを蹴り返してくれるまでになりました。

そのバーベキューが終わってから数日後、私が買い物から帰ってくると、例の人見知りの男の子がお母さんと一緒にニコニコ笑いながらビニール袋を手渡してきました。どうやらGW中に旅行に行った時に、お土産を買ってきてくれたようでした。

私が男の子にお礼をいうと、男の子がはにかみながら何か伝えようとしてきました。よく聞き取れなかったので、私が「ん?なぁに?」と聞き返したところ、男の子は「一緒にじゅうじゅうしたもんね」と一言。

どうやらバーベキューの時に私のことをちゃんと覚えてくれたよう。男の子の笑顔と、その言葉にほっこりした先日のできごとでした。

-子どもの話

Copyright© 日々の小さな幸せ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.