夫、妻の話

この人と結婚できて良かった。と思った聞いても幸せになる話し~4話~

更新日:

 

良いパパになると想像できる夫

現在、妊娠40週の妊婦です。

妊娠期間中、心優しい夫との毎日に感謝しきりで、改めて「この人と結婚できて良かった」と幸せな気持ちでいっぱいになりましたので、そのエピソードをお伝えさせて頂きます。

私は妊娠期間中のつわりがとても酷く、水も飲めない、家の匂いもダメ状態で、よくトイレで吐きながら泣いていました。仕事もしていたのでつわりの時期は辛すぎて精神的にも体力的にも参ってしまっておりました。

そんな私を夫は優しく介抱してくれました。

少しでも何か食べられるように毎日何が食べられるか聞いてくれたり、りんごを剥いてくれたり、家事もほとんどやってくれました。ほとんど食べ物も飲み物も口にできず短期間で痩せてしまい、歩くのも大変な状態になっていたので本当に助かりました。自分も働いているのに家事を一人でこなすのは大変だったと思います。

つわりが収まり、おなかが大きくなってきてからも、家事を積極的にやってくれて、おなかの中にいる赤ちゃんにたくさん話しかけてくれる心優しい夫です。赤ちゃんが産まれてからもこの人ならたくさん愛情を注いでくれるだろうなと今から想像ができます。

旦那さんが妊娠中に浮気をしていたとか、家事もまったくやってくれないとか、酷いお話もよく聞きますので、私は心優しい夫と結婚できて本当に良かった、幸せだ、と感謝する毎日です。

これからも感謝の気持ちを持って、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

以心伝心のとある二文字

私は結婚して3年。夫とは同じ年で似たような環境育ち、そして趣味嗜好が合うので、話も楽しくよく弾む。

ある日、夫婦で買い物に出たら、花王株式会社が発売している入浴剤「バブ」がワゴンに大量に積まれていた。それを見た瞬間、私の脳内にはユニリーバ・ジャパンが発売している「ダヴ」の昔のCMが変化球となって再生された。ダヴの使用者が笑顔で「ダヴならぁ!」と笑顔で宣伝を始めるCM、それが私の脳内では「バブならぁ!」と変換されていたのだ。

自分の脳が勝手にやった自動変換なのに、自分の中では大うけ。これは是非とも隣を歩く夫にも伝えなければ! と、ワクワクしながら夫に「今、バブが売ってたでしょ? あれ見た時にさぁ……」とそこまで言ったら、夫が笑顔で「バブならぁ!」と言ったのだ。まさかの再現。しかも私が言う前に。

こんなところで以心伝心するなんて思わなかった私は、ケラケラと笑いながら「嘘でしょ?! 今、私もそう思ったって言おうとしたの!」と伝えた。夫は夫で「いや、俺もバブを見た瞬間そう思ったんだよね」とやはり笑う。

その日は何度もこのおばかな以心伝心を思い出してはニヤニヤ笑い、この人と結婚できてよかったなぁと幸せを噛み締めた。

 

お母さんになってからの¨賞与¨

20歳で結婚出産した私は、高校卒業してすぐに就職した職場を辞め、若いお母さんになりました。まだ20歳だったので、ワガママで怒りっぽく、思い通りにならないとイライラするような自己中心的な未熟者でした。

高卒のわりには、なかなかの大手に入社することができ、ボーナスはもちろん給与もそこそこもらえていましたが、母となってからは子供と私だけの空間ばかり、家事、子育てを頑張っていたからと、褒めてくれる人はもちろんお給料だってありません。

そんな中、旦那は年上だったこともあり、わたしは頑張ってる、まだ遊びたかったなど文句やワガママばかり毎日毎日言っていました。

子育てより、仕事しているほうが楽に決まってる!何かあるたび旦那に言っていました。きっと、いきなり社会から置いてけぼりのような遮断されている気持ちになっていたのだと思います。そんな文句ばかり言っている私に旦那は怒ることもなく、『いつもありがとうね』と言ってくれていました。

そして子供の1歳の誕生日の日にお祝いをしている時、旦那から『1年間よく頑張りました。お疲れ様です。』と言って手作りの封筒、手書きの文字で賞与と書いてあるプレゼントをもらいました。

今まで散々文句ばかり言ってたのに、、と本当に良い旦那と結婚したなと思いました。

今でも夫婦仲良く、相変わらず私は文句ばかり言っていますが、幸せに暮らしています。

そして、家事、子育てより、外で働いて家族を幸せにしてくれている旦那の方が、私よりはるかに大変だと、本人には言いませんが思うようになりました。

結婚って実は良いものですよ。

 

本当の私とイメージの私

私と旦那は同じ大学で出合い、1回生の頃から付き合いだしました。

私はその頃は少し派手目な女子大生で、旦那は素朴で優しく友達にも慕われる人でした。私は大学生の頃、学費のためにキャバクラで働いていた事もあり、外見も派手だったので旦那は周りの友達や知り合いに「お前、絶対に騙されてるよ!」とよく言われたらしいです。

ある日、私がいない時に男同士で彼女の話になったときに「こいつは騙されてるからな~」と旦那の友達がいつものようにからかいながら言うと旦那は「別に騙されててもいいよ。あいつの良さ、分かりにくいやろ~?不器用でね、すんごい真面目なの。お前は別にあいつの良さ分からんでいいよ、分かったら好きになるから。」と笑いながらも真剣な目で言ってくれたことをその場にいた友人に後から聞きました。

外見で誤解される事が多かったので、本当に嬉しくて「私の人を見る目は結構凄いね、いい男見つけた‼」と言ったら、「普通やろ、俺は普通のこと言っただけ。お前の友達も怒ってたから」と言ってくれて、私は本当に周りに恵まれているんだなぁと嬉しくなりました。今は一人の娘に恵まれて仲良く三人で暮らしていますが、時々あのときの言葉を思い出してニヤニヤしています。

娘にも旦那のような人が現れたらいいなあ。

 

 

-夫、妻の話

Copyright© 日々の小さな幸せ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.