未分類

かわいい小鳥の観察が幸せな時間をくれる。

投稿日:

約束をするでもなく、自分のところに来てくれる。

そうした『愛しい存在』がくれる幸せな気持ちのお話しです。

 

セキレイと私の共通点

庭に来る小鳥・セキレイを窓辺で眺めるのが好きです。カーテン越しに気づかれないようにこっそり観察する日々。

そんなある日、突然雷雨となり、二羽のセキレイが我が家の軒下で雨宿りを始めました。私はカーテン越しにセキレイのかわいい動き(しっぽの上下など)をホクホクして眺めていました。すると大きな雷鳴。

空に稲妻が走り、雷の苦手な私は思わず首をすくめてしまいました。そのとき、目の前にいたセキレイ二羽も同時に首をすくめて怖がっていたのです。小鳥はたいてい臆病なものですが、このセキレイという種類はあまり物怖じしない性格。

それなのに、雷鳴のたびに肩に頭をめり込ませる様子はなんともいえず愛らしかったです。

雨が羽根を濡らすたびに体を震わせて水気をはらい、プルプルしている姿も萌え要素満載。「早く雨がやまないかな」という体で二羽は空を眺めていました。その姿は人間そのもの。「種族無関係に、やはり大自然への思いは似たようなものなのだ」と一方的に親近感を持ちました。

そうこうするうちに雨もあがり雷鳴もやんで、二羽は仲良く戯れながら去っていきました。

それから数週間後、居心地が良かったのか、我が家の軒下にはたくさんのセキレイがとまるようになりました。

私はまたカーテン越しに数の増えたセキレイを観察して幸せに浸っています。

 

ツバメを見ると、とても幸せな気分になります

家の軒下などにツバメが巣を作ると、幸運がやってくるという話を聞いたことがあります。私の家は周りの環境などの影響もあり、残念ながらツバメがやってくる姿を見ますが、巣を作ることができません。

しかし、毎年春になると、遠い南の国から小さなツバメたちがやってきます。

私は毎日、ウォーキングとジョギングをしていますが、川沿いに行くことが多いこともあり、時々、ツバメを見かけます。飛び方がとても俊敏でシュッとした感じが好きで、何気に観察してしまいます。電線にとまっているツバメを下から見てみると、お腹の部分だけが白く、毛がふさふさした感じが見られて、それだけで何だか嬉しい気分になってしまいます。燕尾服とはよく言ったもので、まさにツバメの容姿を真似ていると改めて思いました。

ツバメが飛ぶところを観察できるのは秋までですが、他の鳥とは違う嬉しさを感じることができ、とても幸せな気分になれます。

私はウォーキングとジョギングで、もっと体型を絞り、ツバメのようにシュッとした体形になりたいと思いながら、いつも眺めています。

この何気ない時間が私にとっては至福の時で、毎年、この時期の楽しみの一つとなっています。

-未分類

Copyright© 日々の小さな幸せ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.