未分類

食を支える飲食店で働く 小さな幸せエピソード

投稿日:

「食べる」ことってそれだけで幸せです。それが、好きな相手やだいじな人とならなおさら。

そんな大切な時間を裏方として支えてくれている、飲食店で働く方の「小さな幸せエピソード」をご紹介します。

 

厨房のコックさんからもらった小さな幸せエピソード

結婚式の二次会・宴会を扱う飲食エリアでウェイトレスをしている時のお話です。コース料理でさらに1部の料理が食べ放題がついている二次会や宴会の時、すごくバタバタしている最中の出来事でした。

とてもピリピリしているような空気の中、厨房のコックさんから急に皆をインカムで召集され、何かと思ったら一人一人に「はい、あ~ん」とひと口寿司を食べさせてくれました。みんなびっくりで、ピリピリムードがほぐれました。

お皿を引き上げてくる度に違うひとくちメニューが口に入っていき、片付けをするのがみんな楽しくなっていて自然と笑顔になりました。

後日聞いた話ですが、中途半端に余ってしまう食材やその日に廃棄しなくてはならないものを使って作ってくれていたようで、皆にも食材にも幸せな1日でした。

 

常連のお客様にもらった小さな幸せ

飲食店でのお仕事中の話しです。週の半分は来て頂いているいつも笑顔で優しいお客様が、混雑ピークをやっと過ぎたというあたりにいつもやってきます。

まだ少しバタバタしているような時なのですが「あわてなくていいよ」「大丈夫です。今日も混んでるね」「おつかれさま」など、にこにこしながら待っていてくれて、TPOをみながら声をかけるかどうかも気にしてくれていることに幸せを感じます。

アイドルタイムになると、別の常連様が少しの会話をしに来てくれてリフレッシュタイムが設けられて、その時にいるスタッフ全員と楽しくお話してくれるかたがいて、その夫婦から「ここの人たちとお話するのが幸せ。私たちの日課よ、いつもありがとう」と言われた時、心があたたかくなりました。

 

 

-未分類

Copyright© 日々の小さな幸せ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.