恋人の話

【ほっこりエピソード】今付き合っている最高の彼女。~2人分~

投稿日:

大切な人がいる。って幸せなことですよね。

今回、2人の男性の素敵な彼女とのほっこりエピソードをお聞きしましたが、とてもお互いを大事にされていることの伝わるお話でした。

彼女の行動に対して『受け入れてくれる』『返答を頂きました』という言い方が自然に出てくるお付き合いの仕方が、とても素敵だったのでした。

 

今付き合っている最高の彼女

突然ですが、私は30歳のバツイチであり2人の子供がいます。

今や3人に1人がバツがついていると言われながらも、やはり周りを見渡してみると同年代ではなかなか同じ境遇の方はおりません。実際、離婚する時には体力と精神力を多いに削り、仕事もあって疲弊していました。

離婚もようやく成立し、やれやれと思っていましたが実際のところは子供が病気してないかなとか、元気に幼稚園に行っているかなとか、子供のことで悩む日々が続きました。正直、離婚のしんどさもありましたが、その後の子供に会いたいけど会えない現実の苦悩の方が、今思えばしんどかったです。

そんな頃、今お付き合いさせて頂いている彼女と出会いました。

最初に会った時に、今の自分の状況を説明しました。私の8歳下の女性でもあり年齢的にも若く、最初は戸惑っていました。私は彼女の笑顔に惹かれて、その後何度か食事に誘い、将来的なことはまた今後時間をかけて、考えて行くということでお付き合いする流れとなりました。

当時、バツイチ子持ちという自分的には劣等感しかない私を受け入れてくれる彼女の純真でまっすぐな性格と、無垢な笑顔にどんどん惹かれたんです。本当に大事にしたいと思った女性で、日常生活の中から常に大切にすることを自分の中で誓い、日々過ごしていました。

ある日、彼女からこんなことを言われました。どうして、そんなに大切にしてくれるの?と。この言葉は、私にとっては本当に嬉しくて気持ちがしっかり伝わっていたのだなと思いました。

そして先日、彼女に言われほっこり、というよりホッとした言葉があります。あなたほど私を大事にしてくれる人は今後も恐らくいない、私はいつでも心の準備はできています。と。

自分の中で劣等感に苛まれていた私にとって大きな救いの言葉でした。これからも私を受け入れてくれる彼女を心から大事にしたいと思います。以上です。

 

大切な人の話について

自分は27歳のフリーターです。現在同い年の彼女がいてもうすぐ交際3年目に入ります。

これは去年の事なのですがその日はホテルに2人で1晩泊まった時の事です。2人で酒盛りをして盛り上がり、彼女が先にベットに入り眠ってしまいました。自分は眠くなるまで起きて、そろそろ寝ようかなと彼女の寝ているベットの隣に移動しました。

すると、さっきまで自分と反対側を向いていた彼女が自分が入った途端、突然こちらに振り返りました。少し驚きもありましたが、寝ながらでもこちらを見てくれる彼女の仕草にはとても癒されほっこりしました。

翌日、彼女が起きてからその事を尋ねると本人はまったく覚えてないと言ってました。おそらく偶然なのかもしれませんが、彼女は「きっと無意識に○○(自分の名前)の方向いたのかもしれない」と返答を頂きました。

普段はきちんとパートに行き働いてる彼女。あの時の行動は多分自分しか知らない彼女の本当の姿なのかもしれません。

お互いもうすぐ30代へと近付いてますが、それまでに同棲するという目標を達成すべく現在は正社員への求職活動中です。彼女のためにも頑張りたいと思います。

 

 

-恋人の話

Copyright© 日々の小さな幸せ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.